概要

GPSで取得した座標(緯度・経度)を保存することで移動した軌跡を地図上に表示し、同時に移動距離や速度を表示します。
主な用途としてはランニング・ウォーキング・ハイキング・自転車などの移動データの管理・表示です。

開発環境

Android Studio : 1.4
JavaSDK : jdk1.7.0_80
Android SDK : 5.0.1

備考

Android Studioとは、Googleが提供するAndroidプラットフォームに対応する統合開発環境(IDE)。
JetBrains社が開発したIntelliJ IDEAをベースにAndroid開発に最適化されており、
Windows、Mac OS XおよびLinux用が存在する。
※Wikipediaより抜粋

機能紹介

画面遷移

GPS1

GPSログ保存画面

①「START」ボタンを押下することで記録を開始します
②記録が開始されると、地図上に移動した軌跡が表示され、移動データが更新されます
※表示されるデータは記録時間、移動距離、速度(現在の速度)、最高速度

GPS2

③「FINISH」ボタンを押下することで記録を終了し、ログを保存します
  ※保存したログは「GPSログ閲覧画面」で閲覧可能(次頁参照)

GPS3

GPSログデータ選択/閲覧画面

①「GPSログデータ選択画面」でデータを選択すると、「GPSログデータ閲覧画面」が
表示されます
②「GPSログデータ閲覧画面」では、地図上に移動した軌跡が表示され、移動データが
項目ごとに表示されます
※表示されるデータは記録時間、移動距離、平均速度、最高速度

GPS4