Polygonal Offset operations

折れ線を指定方向に指定量オフセットする機能です。

1.折れ線について

1-1.円弧について
 本機能で扱う折れ線は、連続した直線のみだけでなく、円弧も含むことができます

poly1

1-2.折れ線のデータ構造について
 折れ線のデータは点列の並びとし、各点に設定した属性により直線または円弧を表現します。
 また、各点に設定する属性値の中には使用者が任意に設定できる属性値があります。

1-3.折れ線の自己交差について
 本機能では、自己交差している折れ線は処理対象外とします。

poly2

2.オフセットについて

2-1.オフセット元の折れ線について
 オフセット元の折れ線は、開折れ線/閉折れ線に対応しています。

poly10

2-2.オフセットの方向について
 オフセット方向は、折れ線の進行方向に対して左側を正とします。
 したがって、折れ線の進行方向とオフセット量との関係により、
 オフセットは以下のようになります。

poly11

2-3.凸部について
 凸部はオフセット処理により、円弧補間(円弧が挿入)されます。