DDS

DDS2
~だれでも データ サイエンティスト~

製造業にフォーカスした、誰でも使えるデータ分析ツール

◆ DDSのコンセプト ◆

DDSの使命は「誰でもデータ分析出来る事」です。
これはデータサイエンティスト不足を自社、顧客ともに大きな課題を解決したいからです。

「誰でもデータ分析出来る」とは「どんな分析でもできる」ではありません。
製造業にフォーカスした、誰でも使えるデータ分析ツールを目指し開発しています。

◆ DDSの基本機能 ◆

「予知保全」、「分析/予測支援」、「良品/不良品の判別」といった、
製造現場が抱える課題を解決するための多くの機能を取り揃えています。

(キーワード)
・回帰
・多変量解析
・時系列解析
・予測と因果
・検知
・機械学習
・見える化

◆ 統計的因果探索 ◆

一般にデータ分析からは現象をよく説明できるモデル構築することが多く、それらは予測に利用されます。

例えば来月の売り上げ予測や収穫量の予測などです。

しかし、データ分析から得られた知見を使ってなんらかのアクションをしたい場合、
予測だけでは不十分だという現実があります。

DDSでは、滋賀大学データサイエンス学部教授・清水 昌平氏が考案した
LiNGAM(linear non-Gaussian acyclic model)モデルを実装しています。
これにより、データの因果関係を明らかにすることが可能となっています。

まずはお試しください。ご利用は無料です!


ダウンロードはこちらから